本まるさんかくしかく Blog

古書販売の「本まるさんかくしかく」のオーナーブログです。 見た目の良さにこだわって、少し不思議だけど素敵なビジュアルの古書を趣味で集め、 気づけば、数千冊に。今では販売するまでになりました。ここで個人的な感想とともに 古書をご紹介していきます。

猪熊弦一郎展 馬と女性たち  / 馬の博物館学芸部編

猪熊弦一郎展 馬と女性たち /

馬の博物館学芸部編 / 馬事文化財団 /

2018年 / 258x184mm / 87ページ /

ソフトカバー / 2,500円+250円=2,750円

は「本まるさんかくしかく」

で販売中です。

 

 

 

 

とりたてて、

猪熊さんの馬や女性たちに

注目したことはなかったのですが、

集めてみると、

展覧会できちゃうほど

あったわけです。

 

 



一緒に描いた作品を

バーッと見ましたが、

美+美=凄いことになっているようです。

 

 



 

猪熊さん。

「馬は神様が作られた作品の中でも

傑作の中の傑作」

また、女性についても

「あんなに完全な

バランスをもった美しい立体はない」

と言ったとか。

初耳。

 

 

 

 

で、

マチスに「お前は上手すぎる」と、

評価というか、アドバイスされて以降、

キャンバスと格闘し尽くして、

たどり着いた自由な境地。

自身はその晩年のものが好きです。

中でも、

馬より「顔」がお気に入り。

 

 




ところで、

馬の博物館がある

根岸競馬記念公苑って、

日本で初めて、

近代競馬が行われた場所なんですって!

 

www.hon034.com