本まるさんかくしかく Blog

古書販売の「本まるさんかくしかく」のオーナーブログです。 見た目の良さにこだわって、少し不思議だけど素敵なビジュアルの古書を趣味で集め、 気づけば、数千冊に。今では販売するまでになりました。ここで個人的な感想とともに 古書をご紹介していきます。

東京観音 / 荒木 経惟 / 杉浦 日向子

 

 

東京観音 /

荒木 経惟 / 杉浦 日向子 /

筑摩書房 / 1998年 /

215x190mm / 206ページ /

3,300円

 

 

f:id:hon034shop:20210215112050j:plain

 

 

深川江戸資料館、

清澄白河駅から

すぐにあります。

 

館内には常設で

江戸時代の

深川佐賀町の街並みが

再現されています。

 

 

f:id:hon034shop:20210215112122j:plain

f:id:hon034shop:20210215112149j:plain

 


想像以上の

高い吹き抜けで

立派でした。

あまくみていたので、

展示のリアルさは

オドロキでした。

 

 

f:id:hon034shop:20210215112307j:plain

f:id:hon034shop:20210215112652j:plain

 

 

見学者は全部で5人ほど、

ほぼ貸し切り状態で、

マイペースな徘徊。

 

で、

そこの夕方な風情は

今の眩しい東京では

感じないイイ落ち着きを

持っていました。

 

 

f:id:hon034shop:20210215112359j:plain

f:id:hon034shop:20210215112506j:plain


 

地蔵は

たしか?

いなかった?

と記憶しています。

 

まぁ、

そこの横スペースで

杉浦日向子さんのミニ展示を

見たわけです。

 

 

f:id:hon034shop:20210215112223j:plain

 

古くから日本人に

親しまれてきた観音さまは、

人とともに喜怒哀楽の情をあらわす、

いわばまだ悟りのきわみに

いたらぬ修行途上の仏さま。

 

殺伐とした東京のそこかしこ、

そんな風情で、またときに妖艶に、

ときにひっそりと慎み深く佇みながら、

こちらを見守る

観音さまや石仏を巡っての、

経惟・日向子の愛の道行き。

 

江戸風俗研究家の杉浦日向子と、

写真家の荒木経惟が、

東京の観音様を訪ねます。

 

 

www.hon034.com