本まるさんかくしかく Blog

古書販売の「本まるさんかくしかく」のオーナーブログです。 見た目の良さにこだわって、少し不思議だけど素敵なビジュアルの古書を趣味で集め、 気づけば、数千冊に。今では販売するまでになりました。ここで個人的な感想とともに 古書をご紹介していきます。

百円ショップ / 暮しの手帖

 

暮しの手帖 / 第2世紀38号 /

暮しの手帖社 / 1975年秋発売 /

280x210mm / 198ページ /

ソフトカバー / カバー 花森安治 /

880円

は「本まるさんかくしかく」

で販売中です。

 

 

f:id:hon034shop:20210712214042j:plain

 

 

特集の冒頭にこうあります。

 

百円玉を大切に!

百円玉の値打は軽くなりましたが、

それでもまだまだ、バカにできません。

食パンが買えます、

バスにも乗れます、

まだ速達も出せます

 

 

f:id:hon034shop:20210712214106j:plain

f:id:hon034shop:20210712214122j:plain

 


そこで

そこいらの百貨店、スーパー、小売店などで

買えるものを集めてみたのが

この「百円ショップ」です。

安いので10円、高くても130円どまり、

この中の一つや二つはへぇ、こんな値段でと、

思われるものがあるでしょう。

 

 

f:id:hon034shop:20210712214137j:plain

f:id:hon034shop:20210712214150j:plain

 

 

調べてみました。

 

1975年、当時のコーヒー一杯は195円。

当時の百円は、いまなら265円くらいの

パワーがあったみたい。

 

 

f:id:hon034shop:20210712214207j:plain



実は

暮しの手帖の表紙が

女性の顔シリーズになって、

この表紙が一番のお気に入り。

 

www.hon034.com

www.hon034.com