本まるさんかくしかく Blog

古書販売の「本まるさんかくしかく」のオーナーブログです。 見た目の良さにこだわって、少し不思議だけど素敵なビジュアルの古書を趣味で集め、 気づけば、数千冊に。今では販売するまでになりました。ここで個人的な感想とともに 古書をご紹介していきます。

Raymond Cogniat zannzou Raoul Dufy ラウル・デュフィ

zannzouRaoul Dufy / Raymond Cogniat /
Crown Publishers / 1962 /
217x283mm / 92p / Hardcover /
は「本まるさんさくしかく」
で販売中です。

 

 

「残像」

 

 

f:id:hon034shop:20200504131020j:plain



以前、
彼のテキスタイルデザイン展を見学しましたが、
それは素晴らしいものでした。
大半がプリントだったと記憶しています。
この頃の画家は
服地デザインを結構、やっていたようです。

 

 

f:id:hon034shop:20200504131042j:plain




彼の個性的で目立つ色使いの服地も
美しいがゆえに、
量産されてもキチンと売れていたのか
昔のこととはいえ、心配してしまいました。

 

 

f:id:hon034shop:20200504131156j:plain

f:id:hon034shop:20200504131222j:plain




デュフィの陽気な透明感のある色彩と、
リズム感のある線描の油絵と水彩絵は
画面から音楽が聞こえるような感覚をもたらし、
画題は多くの場合、
音楽や海、馬や薔薇をモチーフとして
ヨットのシーンやフランスのリビエラのきらめく眺め、
シックな関係者と音楽のイベントを描いています。

 

 

f:id:hon034shop:20200504131314j:plain

f:id:hon034shop:20200504131338j:plain




またデュフィ
本の挿絵、舞台美術、
多くの織物のテキスタイルデザイン、
莫大な数のタペストリー、陶器の装飾、
『VOGUE』表紙などを手がけ
多くのファッショナブルで
カラフルな作品を残しています。

 

 

f:id:hon034shop:20200504131430j:plain

 



彼の絵を見て、心地良いのです。
輪郭線からはみ出していく彼の色には
伝染する揺らぎや重なりを感じます。
そう、視線が去った後、
残像が居るからかも。

 

 

www.hon034.com